自然の中でたくさん遊びました

 
「秋の紅葉と森ヨガ」では、ヨガの後にランチをいただいて森遊びをしました。
大人の皆さんがヨガを楽しんでいる時間は、子どもたちはシャボン玉をしたり、
虫取りをしたり、みんながその場で考えた遊びを楽しんでいましたが、
少しおとなしくしていましたので、これからは子どもたちに思いっきり
楽しんでもらう時間です。森遊びをするよ、と伝えると笑顔も溢れさらに
元気になりました♪

 

 
森遊びの後は、親子登山です。大人5人と子ども3人で各務原アルプス(標高330m)
に登りました。息子以外の子は登山が初めてのようでしたが、
途中からは子どもたちのエンジンがかかってきて、子どもたちと主人の姿が
見えなくなってしまいました。

 

 
山頂まで一番お兄ちゃんのK君が子どもたちの先頭に立ち、
眺望のある場所からの景色に「すごーい。こんなに高くまで登ってきたのー!」
と気持ちが高ぶり、「行こう!行こう!」と楽しそうにみんなで山頂の大岩見台を
目指して頑張って歩いていたそうです。
 
山頂では「お母さんたち、まだかな、まだかな。。」と到着を待っていたそうで、
お母さんに会えた時の喜びを分かち合ううれしそうな表情はとても印象に
残っています。頑張って登った子どもたちはご機嫌で、お母さんたちも
美しい眺めを楽しんでいただけたなら嬉しく思います。皆さんと一緒に
登った山頂で飲むあたたかいコーヒーはとっても美味しかったです。

 

 

 
下山した後も子どもたちはまだ遊び足りないようでボール遊びをしていました。
山や森にいると、いろいろな方法で五感を刺激してくれると思いますし、
子どもにとって遊びは自由で自発的な活動であり、喜びと楽しみの源泉で
あってほしいと思います。自然の中で楽しく遊んだことがいつまでも
大切な記憶になっていただけたならとても嬉しく思います。

 

 
春の新緑の季節にまた各務野自然遺産の森でイベントを開催できたらと
考えています。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

 

タグ


2018年11月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:子育て 自然

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ