親子登山


 

ヨガの生徒さんでもあるNさんにお誘いいただき滋賀県の山本山(標高324m)に
登ってきました。一緒に登ってくださる山友のご夫婦もいらっしゃったので、
息子は朝から元気でご機嫌でした。
 
朝日山神社から山本山に登り、北の賤ヶ岳(標高421m)に向かって、
西に琵琶湖、東に湖北平野を眺めながら尾根を歩きました。
山頂までは急な上り坂もあり、張り切りすぎてペースが落ちてしまった
息子でしたが、皆さんの励ましや、手をつないで歩いてくださったおかげで、
また頑張って歩くことができました。
 


 

 

天気も良く美しい景色を眺めながら、城跡など楽しみながらの登山は
素晴らしかったのですが、今回一眼レフカメラを忘れてしまいました。
かなりヘコみました。
きっと田植えの後の新緑がきれいな時期も素晴らしいんだろうな。
また登りにいきたいです。
 


 

 

昼食は木戸港跡まで下りて琵琶湖と比良山系の山々を眺めながらいただきました。
登山中に湖畔でゆっくり食事をいただくのは初めて。
皆さんと一緒に家族でこんなにも贅沢な時間を過ごすことができ、
わたしたちのペースに合わせて歩いてくださった皆さんに感謝しております。
 


 

昼食後は縦走路分岐に戻り皆さんとは少しの間別行動です。
山本山から賤ヶ岳へ縦走、ゴール地点の余呉駅までが目標でしたが、
息子がそこまでは歩けそうになかったので、わたしたち家族は
西野水道へ下山し、車の置いてある朝日山神社へ向かいました。

 

 

西野水道を見学して、収穫後の田んぼを見ながらイナゴやバッタを
取りながらゆっくり歩き、片山トンネルを通ってもう一度琵琶湖へ。
魚も好きな息子は釣りを楽しんでいる人々にも興味津々でした。
 
なかなか釣り場から離れない息子を説得して朝日山神社へ向かう途中、
望遠のカメラを山本山に向けて被写体を狙っている方が40〜50人ぐらいいました。
何をされているのか聞いてみると、琵琶湖で越冬するオオワシが
この日の前日にやってきたそうです。
 

            このどこかにオオワシがいます(⁎ᵕᴗᵕ⁎)
 

毎年一羽のオオワシ(メス)が越冬のため湖北に渡り、
山本山をねぐらにしているそうです。森の中に入っていてオオワシを
見ることはできませんでしたが、オオワシのことを楽しそうに
話されている方の笑顔にわたしたちもうれしい気持ちになりました。
 


 

自然の中には息子の好きなものがたくさんあります。
これまで感じてきたことがつながって、新たな発見を楽しんでくれたなら
うれしいです。息子のなぜ?どうして?にすぐに答えられるように、
わたしも勉強しなければいけませんね。(⁎ᵕᴗᵕ⁎)
 

 

 

タグ


2018年11月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:子育て

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ